そもそも出会い系における出会いとは何なのか?

そもそも出会い系における出会いとは何なのか? 優良出会い系サイトの真実の画像集

ネットも切断し引きこもっていれば別だが、普通に生活していれば関係性の深さを問わないとすれば、出会いはどこにでもある。
いつものスーパーやコンビニで何回か買い物をすれば、顔見知りの店員も一人や二人できるだろう。
今日も、いつものスーパーで好物のものを買うと、中には店員に「いつものですね」とか言われたりする。
それを言われるということは、店員は私の買い物のパターンを観察していたことになり、ただ単に顔を合わせただけの間柄より少し関係性が深くなったととらえることができるのだろうと思う。

問題はその関係性がどういった種類のものなのかということである。
勝手に好意とか恋心とかそういった方向にもっていくことは、このご時世難しいものがある。
下手をすれば、ちょっとばかり関心を持ったがために一方的に好意を寄せられたと思われてしまう。
それで声をかけもすれば、変質者とかストーカーまがいとか勘違いされてしまう危険もある。
この間違いは恐ろしいもので、警察に通報されたものなら、声をかけた男側が一方的に疑われる恐れもある。

かくして、私の買い物の好みを観察されたとしても、関係性はそこでとどめておくのが無難なのだ。
このように臆病な生活を送ってくると、関係性の深い出会いなんて実生活の中で望むことが困難になってくるような気さえする。

加害者扱いされるのは、男の側が圧倒的に多い。
つまり、関係性を深める主導権は女性側にあると思えるのだ。
であるのならば、女性の側から何らかのサインが欲しいような気がする。
この辺駆け引きは経験値が必要だ。
そして、そのサインの出し方・受け方は時代とともに変化してきていて、昨今のそれはおじさんにとって難しいものがあるような気もする。
ただ、最近の若造はその煩雑さを避ける傾向にあるような気がする。

さらに、一歩踏み込むには何らかの切っ掛けが必要である。
ちょっとした会話から始まって、飲み会とか、クラブ活動とか、・・・、共通の行動と会話が必要になる。
しかし、そんなサインや切っ掛けは頻繁にあるわけでもなく、仕事に明け暮れすればそんな非日常的な環境も一瞬のうちに通り過ぎてしまうのである。
出会いの機会を実生活の中で失っているように錯覚し、出会い系サイトやSNSに頼ることとなる。
ゆえに、出会い系サイトの本来の存在意義は出会いの仲介であると期待する。

しかし、出会い系サイトでの「出会い」には様々な形がある。
メル友、趣味友達、飲み友達、そして、セフレ、婚活、…。実に様々である。
相容れない形もある。
婚活を目的にしている人にセフレ目的では、最初から破たんしているようにも思える。
ただ、結婚生活においてセックスは重要な要素ではあると思う。
それゆえに、結婚相手を体の相性から確認するという強者もいないわけではない。
そういう強者は婚活サイトにもいるし、そういう女性も少なからずいる。

問題は、結婚も含めて、人間関係の価値観を何に見出すか、その価値観は関係を持つ人々の間で共通のものであるかということが確認できているかということだと思う。
単なる一面的な価値観の一致で良しとすべき関係なのかということも問題である。

たとえセックスから始まる婚活においても、長い結婚生活の中では価値観の衝突があり、様々な価値観の折り合い・調整・妥協が必要となるだろう。
体の関係が良くても、生活スタイルや経済感覚で折り合いがつけられないとなると、結婚は破たんの方向に向かうかもしれない。
もっとも、身体の関係から結婚相手を選択するというのは、結婚生活の中でセックスの価値を最も重要視していることの表れであり、セックスが上手く行けばその他の価値観のずれは妥協できるという、メタ価値観なのかも知れない。
そこまで、結婚生活においてセックスに重要性を見いだすというのは、逆にあっぱれという感じもある。

婚活でなくても、友達関係を目的とした場合、その目的に何が付随するか、その付随する価値観が許容できるかという問題もある。
友達だと思っていたら、お金を貸し欲しいといわれたとか、貸したらお金にルーズだったとか、そのような事例は散見される。
お金にルーズであることが判明して友達関係を断絶したいということにもなる。

一方で、体の関係を楽しむセフレや一夜限りにおいても、どちらか一方が好意を持ち始めれば、関係性はややこしいことになる。
身体の関係を楽しむ一方で守りたい社会的地位や家庭があるというのに、相手が一方的に好意を持ち始め、関係が公に晒されそうななると、守りたいものは崩壊する危険がある。
ゆえに、セフレや一夜は「その場限り」の継続的もしくは単発的な関係でなくてはならない。
つまり、身体の関係以上の価値観を他に求めてはならない関係であるということを認識しているか、そして認識し続けることができるかということが重要になってくる。

出会い系サイトで出会いを求めるにしても、どんな関係を望んでいるのかという明確な目的が必要である。
そして、個々人のその目的は尊重されるべきで、それを蔑ろにして相手と関係を持つことは慎むべきだと思う。
これは、ネットでは相手の素性がなかなかわからないという面があるので、実生活で人間関係を構築するより難しい面があるような気がする。
出会い系のプロフィールは重要である反面、それが真実かどうかということは何ら保証されていないというのも問題ではある。

優良出会い系サイト人気ランキング /></a></p>
            <br class=

コメントは受け付けていません