出会い系サイトの存在意義

残念ながらと言うべきか、未だ出会い系サイトでの出会いは経験していない。
ゆえに題目として「出会い体験(アダルト)」を設定するのは、釣りということになってしまう。
しかし、釣る方も釣る方だが、釣られる方も釣られる方である。

出会い系サイトではこのように堅い日記をしばしば書いている私だが、下心ありのメール交換などもしており、出会いの経験もある。
実際に出会ってお付き合いするとなるとお相手のことをそれなりに知らなくてならない。
たとえ、割り切りだとしても、少なくとも安全な出会いができる人かは知りたいと思うだろう。
しかし、一方で気心も知れない内からプライベートまでは知られたくはないと思う。

色々な種類のSNSが普及している現在、出会いのきっかけは出会い系サイト以外にも沢山ある。
TwitterやFacebook、LINE等がその代表的なものだろう。
Blogやゲームサイトでも出会いの機会を得ることができる。
しかし、これらのサイトはプライベートな世界とリンクしているラインであり、表の顔である。
それゆえに、これらのラインは少しでも危険性が感じられる世界からは分離しておきたいと考える。

出会い系サイトの存在意義 優良出会い系サイトの真実の画像集
 

TwitterやFacebook,Lineでもプライベートな情報をプロフとして公開するのには悩むところである。
素性のよく分からない人からのフォローや友達申請には思わず構えてしまう。
その結果、出会いがありそうでリアルな出会いになるまでは時間を要する。

ネットの世界には匿名の危険な人々がいる。
最初は危険でなくても危険な人になる場合もある。
出会い系サイトには何らかの欲望を持った人たちが多いが、この欲望を満たすために危険人物に豹変する人が在籍している可能性が無とは言えない。
欲望(すなわちサイトの利用目的が希求するもの)が一致しているのであれば、多分、問題はないのだが、不一致の場合はその目的によっては自分に危険が及ぶかもしれないと考えるときがある。
そのような場合、相手との連絡手段は直ちに閉鎖しプライベートは秘匿したいと思うだろう。

TwitterやFacebook,LINE等のSNSはブロック機能によって、遮断するのだがアカウントを削除することまでは難しい。
既にそのアカウントを使って構築した良好な人間関係があるからである。
アカウントを削除することはこれらの関係をも絶ってしまうからである。
アカウントが削除できない場合、ブロックした相手が別のアカウントを取得し直して接触してくる危険性がある。
ブロックすることが相手をストーカーにさせてしまう危険性がある。

一方、出会い系サイトは言わば裏の顔であり、最悪、アカウントを削除してもいいと思うような軽いものである。
それゆえ、出会い系サイトでの人間関係において危険が迫ってきたときは、連絡手段を断つという方法以外にアカウント自体を削除するという手段がとれる。
アカウントが存在しなくなれば、拒否設定した相手が別アカウントを使って接触してくることを防止することが期待できる。

出会い系サイトの存在意義は、この自由かつ簡単に入会/退会ができるところにあると思う。
退会することによって入会していた時の全てのデータが消去されてしまうシステムの方がいい。
危険人物からのストーキングから逃げるためには、退会によってすべてが消えてしまう方が安全である。
再入会でプロフが復帰しないシステムの方がよい。
そうでない出会い系サイトは存在意義が薄くなってしまうと思う。

優良出会い系サイト人気ランキング /></a></p>
            <br class=

コメントは受け付けていません