本来の趣旨とは異なる出会い系日記

本来の趣旨とは異なる出会い系日記 優良出会い系サイトの真実の画像集

ブログサイトやSNSの普及で「日記」が人目に曝されるようになり、「日記」で日々の出来事を綴る以外に、自分の意見や主義主張を発信する人々が増えました。

「日記」そのものはずっと昔からあって、その多くは人目に曝すというよりその時々の出来事の記録や自分の気持ちを綴るものだったように思います。
少数ながら人目に曝すことを目的とした「日記」というものも存在はしていて、更級日記や徒然草などもその類いだと思います。
しかし、人目に曝す「日記」は「随筆」、つまり「エッセイ」と解釈した方が良いように思います。

「日記」には他人には見せない本心・本音が書かれていることもあり、しばしば、筆者が亡くなった後に日記が発見されて意外な真実を知ることになるということもあります。

私も本来の意味での「日記」を書いています。
一般人ですから歴史的資料になるなんて考えたこともありません。
しかし、奈良時代や平安時代の官吏が木簡に書いた仕事の愚痴などが見つかり、当時を知る貴重な資料になったりしますから世の中どうなるかわかりません。

そう考えてみると、「日記」も筆者は人目に曝すことを目的としてはいなかったものの、時間を経て公開されることもあると考えれば、「随筆」は即座に公開される日記であると考えることもできるような気がします。

しかし、即座に公開されるということは、筆者が読者の目を気にする度合いが高いことを意味しているため、本来の「日記」のような本音の部分は少なくなるように思います。
とりわけ、公開が目的となると名誉毀損とか公序良俗云々の規制がかかってくるので、秘密の「日記」に書くような文章はとても書けません。

つまり、やはり日記といっても、本来の「日記」ではなく公開を目的とした随筆でしかないということになるんだと思います。
出会い系サイトのアダルトカテゴリーだとしてもその制約は免れないと思います。

優良出会い系サイト人気ランキング /></a></p>
            <br class=

コメントは受け付けていません