某サイトで出会った美人奥様とエッチした話

某サイトで出会った美人奥様とエッチした話 優良出会い系サイトの真実の画像集

この日まで、メールをする事何回か。
俺のプロフィールを奇特にも気に入ってくれた人で、
中でイッた事が無いので開発したいなってな話をされ、それならば!と立候補。

まだ迷っている為、H無しの「顔合わせだけ」という事で会う約束に。
メールで「緊張しなくて大丈夫。紳士的に振る舞いますよ」なんて請け合い。

待ち合わせ場所で待っていると・・・・・・。

つんつん、と肩をつつく女性が。
エロカワ系と言うのだろうか?露出度の高いファッションを着こなした美人が立っていた。
写メは貰っていて美人だと思ってはいたが、実物はそれ以上だった。
子供もいる人妻には全く見えない外見で、良い意味ですごく驚いた。

初対面ということで緊張しているのか、ぎこちなく会話をしながら予約した居酒屋へ。
色々と話題を向けてみると、やはり俺の印象はプロフや日記と違うらしい。
 

向かった居酒屋は、新しいビルに出来た女子会やカップル向けの綺麗な内装がうりの店。
食事とお酒を頼んで、二人並んで座る。
会話も少しづつ柔らかくなって来て、笑顔も増え良い感じに。

彼女の愚痴や性的な悩みを聞き、小声で返していると親密感も増して雰囲気が良くなってくる。
美人の横顔を眺めつつ、Hな話をして紳士的でいられるようか?

否、無理無理、絶対に無理だ。少なくとも俺には無理。

ってな、訳で。
段々俺も口説きが多くなり、肌に触れ始める。

「優しくて紳士的な声で・・・・・・Hな事言いますよね」
と睨んでくるものの、口元が笑っている。
仕草や反応がとても可愛いので、益々口説きに熱が入り・・・・・・。

人がいないのを見計らってキスしたり、太ももへ手を。
嫌がらずにクスクス笑って対応してくれる彼女。
最終的にはテーブルの下で、彼女の短いスカートの中に手を入れてつぅっとなぞりつつホテルへ誘っていた。

いやぁ、紳士的だな俺(遠い目

ほんとに今日はヤるつもりは無かったものの、この状況でそれは無い。
ってな訳で、店を出てホテル街へ。
 

無事ホテルへ入った後、彼女と楽しくお喋り。
ホテルに入るとなったら再び緊張していたので、いきなりはNG以外何ものでもない。

何より。
彼女は、メールで相談していた通り、
旦那以外とのSEXは10年間一切無く、他人にイカされた事も無い準おぼこ状態。
経験人数も多くない。

そんな訳で、激しいプレイはせず、イチャイチャ&スローセックスでゆっくり解すことにした。

優しく抱きしめて、キス。
軽くから、徐々に激しく。同時に膝であそこを刺激。
少し身体の力が抜けたところで、服を脱がして指をアソコに。
濡れにくいと言っていたものの、そこそこ潤っているので愛液を指につけて、クリトリスをくちゅくちゅ。

気持ちよさそうなのに、妙に切羽詰った抵抗が。
イクのかな?と思いつつ若干様子が違うので一旦停止して聞くと。

自分でシタときしかイった事が無いので、妙な違和感が、と。
濡れているので、このままイってもらっても問題は無いと思うものの、
今日は無理せずに一通り経験するって形を優先。
(何より終電が迫っていた)

クリ弄りで濡れたアソコへ、自分のモノをずずっと入れる。

そのまま動かずにキス。
ぎゅっと抱きしめて、繋がったまま色々な話をする。
10数分でイッてしまう旦那さんとは違うHを経験して欲しかったので、
まずは、ラブラブいちゃいちゃのスローセックスが良いかなと。

繋がったまま、キスと抱きしめの楽しい時間は40分程で終了。
終電が迫っているので、お互い帰らなければならないorz
この程度の時間ではスローセックスになってないものの、これは仕方がない。

ちゅっとキスをして、手を繋いだままラブホを出る。
また会おうねという話をして駅へ。

名残を惜しんで、帰途へついた。

外見はとても美人な小悪魔系なのに、性格は可愛らしくて、落ち込みやすい女性で、なんというか放っておけない気にさせる人だった。

また会いたいな、と囁くと「うん」と頷いてくれたので、これから、ゆっくりと開発して行くことに。

優良出会い系サイト人気ランキング /></a></p>
            <br class=

コメントは受け付けていません