セフレには恋愛感情を一切排除すること

セフレは、あくまでも恋愛感情なしのセックスのみの関係です。

従って、本気で惚れては意味がないのです。

中には、最初はセフレで回数を重ねるにつれ恋愛関係に発展することもありますが、最初からそのように望むことは、セフレの本質から外れる行為です。

セフレの定義は、恋愛感情が双方に一切なく、また将来も生じないということです。

なぜ、わざわざそんなことを言うのかというと、最初から恋愛など筋違いな期待を抱いていると、真に満足のいくパートナーを得ることが難しいからです。

スケベ心を出すと、性格とか価値観とかセフレの本質と無関係な要素を考えてしまい満足できる相手と出会えません。

セフレに価値観の一致(セックスに関する価値観は大切です)など必要ありません。

セックス中とその前後数時間をともにするだけですから、価値観など恋愛関係に重視される要素はセフレには必要ないわけです。

つまり、ひたすらセックスしていいか悪いかが重要なのに、恋愛とか淡い期待を抱くことによって最重要なセックスパートナーの資質が軽視され、結果として不満足ということになってしまうわけです。

また、相手にも恋愛感情を抱かれることがないようにしなければなりません。

恋愛感情が芽生えることによってセックスに恥じらいが生じ快楽の追及という部分から外れてしまうからです。

以上は、いいとか悪いとかいう問題ではなく、セフレとはそういうものなので、それが嫌ならセフレなど求めず恋人や奥さん、あるいは風俗嬢とやればいいのです。

優良出会い系サイト人気ランキング /></a></p>
            <br class=

コメントは受け付けていません