匿名性と出会い系日記

匿名性と出会い系日記 優良出会い系サイトの真実の画像集

出会い系サイトは、18歳以上に制限されていることから一種のアダルトサイトであると考えられるのですが、そのようなサイトで法律と利用規約の許す範囲内で、どこまで曝け出すかということは、書き手の匿名性に依存するのではないかと推論します。
すなわち、ネット上での書き手の人格と現実社会での人格とを分離したい時に、匿名性は効力があります。
現実社会においても、建て前と本音を使い分けるように、第3のキャラクタとしてネット上の人格を持ちたいという欲望は誰しも持ちうることではないでしょうか。
それは、現実社会での自身の現実と理想が乖離している時、本当はこうありたいと思うキャラクタを演じてみたいと思う気持ちから来るものではないでしょうか。

いつでも現実に戻ることができるのであれば、それは正常範囲の精神構造かもしれませんが、現実から逃避してしまって虚構のキャラクタになりきってしまい現実になかなか戻れないのであれば、それは病的と言わざるをえません。

一方で、匿名が担保できるのならば、書き手が書いた文章は、書き手の現実社会と独立して存在しうるものとなりえます。
つまり、書き手が自身の現実社会での立場と隔絶して何かを発信できるのならば、書き手の本音が文章に表れても現実社会の自身は保身できると考えるはずです。
ゆえに、匿名性の高いネットでは辛辣な表現や、欲望に満ちた卑猥な表現に満ちあふれることになります。
ネットは現実社会で抑圧された精神の解放の場にもなりうると考えます。
 

現実社会では社会の崩壊を防止するために理性が求められます。その理性が、マナー・道徳・倫理・規範・法律を形成し、精神、とりわけ欲望の抑圧となります。
人それぞれが欲望の赴くままの言動を取っていれば社会秩序は崩壊するかもしれません。
「不倫」が強く批判されるのは、手続きを踏むことなく社会秩序を乱し、欲望と性愛を満たそうとしたためです。
人皆、自身の欲を満たし幸せを希求する権利がありますが、他人にもその権利があるため、希求するには一定の手続きと手順が必要です。
それも一種の抑圧です。
 

ネットの仮想的な社会ではその抑圧が緩くなる場合があります。それの1つがアダルトサイトではないでしょうか。
ゆえに、アダルトサイトでは、欲望に渦巻いた投稿や日記が多数散見されるということになると思うのです。
しかし、ネットの世界が現実社会と完全に分離されているかというと、全く逆でネット本来の目的が現実世界の人と人との繋がりを希求しているが為に、実際はタイトに結合としていると考えられます。唯一、相手を選択するという手段でネットとの関係のあり方を構築することになります。
自ずと、その「あり方」は個人個人異なるものとなります。

現実の「日記」が人目から隔絶されるが為に本音が書かれるのとは対照的に、ネットでは「匿名性」を盾にして本音を語るというスタンスになるのではないでしょうか。
ただし、現実の「日記」が公然性がないのに対し、ネットの日記は公然性があることを考えれば、自ずと限度というものが存在します。
そして、実際はネット上での「匿名性」は幻想であるということも考えておかなれけばならないと思います。

優良出会い系サイト人気ランキング /></a></p>
            <br class=

コメントは受け付けていません